コラボヘルスの推進

当組合では、公益財団法人がん研究会の「健康経営宣言」に基づき、「従業員の健康増進」を目指すべく、当組合と事業主との連携(コラボヘルス)を推進し、効率的かつ効果的な事業の実施に向けて、健診結果等の情報を当組合と事業主で共有・活用することとなりましたので、お知らせいたします。

コラボヘルスとは

健康保険組合と事業主が積極的に連携し、明確な役割分担と良好な職場環境のもと、加入者(従業員とその家族)の予防・健康づくりを効果的・効率的に実行することをいいます。

健康経営とは

「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上等につながると期待されます。

経済産業省では、健康経営に係る各種顕彰制度として、平成26年度から「健康経営銘柄」の選定を行っており、平成28年度には「健康経営優良法人認定制度」を創設しました。

優良な健康経営に取り組む法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業」として社会的に評価を受けることができる環境を整備しています。
なお、健康経営は、日本再興戦略、未来投資戦略に位置づけられた「国民の健康寿命の延伸」に関する取り組みの一つです。

  • 健康経営は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

健康企業宣言とは

健康企業宣言とは、企業全体で健康づくりに取り組むことを宣言し、一定の成果を上げた場合に認定される制度です。運営主体は「健康企業宣言東京推進協議会」で、東京都内の健康保険組合に加入する事業所が参加できます。

現在、当組合と公益財団法人がん研究会は、「銀の認定」です。

「健康優良企業~金の認定~」とは、「健康優良企業~銀の認定~」を取得した企業がチャレンジできる職場の健康経営、本人と家族の健康づくり、安全衛生が取組みのテーマとなる「健康企業宣言チェックシートStep2」に掲載の項目について改善・維持の取組みを実施し、達成基準を満たしていると認められた場合に取得できます。

健康企業宣言・・・健保連東京連合会ホームページ

健康管理事業推進委員会

保健事業の円滑なる運営と、被保険者及び被扶養者の疾病予防・健康増進を積極的に推進するために設置されています。委員会は、事業所の中から選出した委員5名と当組合常務理事で構成されています。